製品情報

京都熱学 > 製品情報 > ビル管理システム KISS

企業様向け補助金活用のご提案

京都でのご宿泊はEXCELLENT西院へ

ビル管理システム Kiss

Kissで、ビル管理の面倒さを全て解決!

空調設備を中心とした、集中管理をオリジナルコンピューターソフトで、総括し省力化する装置です。
ニーズと技術力と開拓者精神が一体となって生まれた、まさにエポックなシステムです。
開発当初は、新聞各紙が一斉に取り上げるなど、センセーショナルを巻き起こし、現在も需要は上昇中。

特長

月単位の光熱費の請求まで自動発行
テナントの電気代・ガス代・水道代な どをビルの中を歩き回ってチェックし、請求書を切っていくのは面倒な仕事です。
<KISS>のシステムは、それらの使用量を自動的に読みとり、テナント毎に記録。
さらに一ヶ月単位で請求書まで発行します。

空調関係の電気代もテナントごとに
各室内機毎にサーモ運転時間を計測し、空調用親電気メーターを按分計算する事によりテナント毎の空調電気代を算出します。

使用状況に応じて運転プログラムを
各テナントの使用状況に合わせて、空調設備の運転プログラムを一週間単位で組むことが出来ます。 A社は週休2日制だから土日に運転はストップ。B社では残業が多いため、夜10時まで運転・・・。そんな各テナントの様々なニーズに応えます。
そうした運転状況が中央コンピューターで人目で分かるのもメリットに一つ。『おかしい、あの会社は消し忘れかも』と、不安がることはありません。
また、運転プログラムに関わらず、各テナント自身がその場で自由にスイッチの切り換えも勿論OK。

一ヶ所で集中管理が可能
空調設備のスイッチ操作から、請求書発行・故障発見などの全てを、別の場所・一ヶ所で集中管理できることも、この<KISS>ならではの特長といえます。これによって、管理の合理化が図れます。さらに、<KISS>はWindowsパソコンを使用するので、他の統計業務などの事務管理にも応用できます。

Kissの機能

オプション

このページのTOPへもどる